ADSLモデムが壊れた話

 

お亡くなりになったモデム

ADSLモデムが壊れるなんて、初めてです。

1. 朝、突然インターネットが切断される。

2. ADSL利用料を払い忘れたのかと思ったけど違った。

3. ルーターは「インターネットに接続されていません」の一点張り。

4. 「まさか〜?」と思ってチェックしてみると、まさかのモデム。予備があったので交換。

5. 翌朝、またもPPPOEが通らない。プロバイダ側の故障かと思ったけど、違った。

6. 「うそ〜?」と思ってチェックしてみると、まさかのモデム。

7. 俺氏、泣きながら電気屋さんに走る。(モデム一台、量販店価格で115元なり)

 

まさか、2日間で2台も立て続けにモデムが壊れるなんて。

雷が鳴っていたわけでもないので、奇妙だなあ・・・だがしかし、少し思い当たる節が。

瞬間停電

最近多いんですよね。部屋の電気が |д゚)チラッ とするタイプの停電。何らかのノイズが原因でしょうか。

エアコンとかは瞬間的な電圧変化の影響を受けにくいわけですが、よく考えたら精密機械にはあまりよろしくないはずで・・・

考えてみると、うちのおんぼろアパートは電線二本だけでアースが来てませんでした。それで安定しないのかな。そしてPCの電源が飛びそうで怖い。

部屋の電源系統を見直す良いきっかけになったかも。

UPS、買いますか・・・。

 

 

*あと、悪いことは言わないのでモデムはHuaweiか中兴ZTEを買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です